FC2ブログ
ボーイズラブに関してダラダラと語るブログ。 ナリキリや日常については細々と。
ただ今、友人から借りた(というよりも、私がゲームを貸したら「私も貸すよ♪」のノリで貸し付けられた……でもありがとう。嬉しか/←方言)「緋色の欠片」をプレイしてます。

エンディングは大きく分けて三種類。
ハッピーと悲恋とゲームオーバー(バッドエンド)

私はまず悲恋から潰してます。
そのおかげで涙腺ぶっ壊れてます。
泣きたい奴。これやれ。

でも……

根っからのゲームオタクはやるな。

「私、乙女ゲームすきー」とかいうレベルならプレイしても良し。
でもC言語とか詳しくて、さらに「ウィザードリィ最高」とか思ってる人はやめた方がいい。あと、「ストーリーよりシステムが気になる」人もおすすめしない。

だって緋色の欠片、ゲームちゃうもん

小説じゃーーん。
めちゃくちゃ小説じゃーん。
しかも、戦闘はテンポが悪くなる。カットしてもよくね?
とか思いながら早送りしてると重要な台詞を飛ばしかねない。
地道に○ボタンを押すのみですよ。
初めの選択肢が出るまでどのくらいかかったか忘れましたが(今は既読早送り)相当長かったです。
もうちょっと工夫すれば良い乙女ゲーになったと思われます。話しは良いんだから、システムも、もうちょっと考えてー。

そして私が嫌いなキャラ……美鶴(分家の娘)。美少女です。
特に真弘先輩(攻略キャラ)狙いでいったときの彼女には腹が立ちました。拓磨(攻略キャラ)となんかイイ感じになってるんですよ!!

「おい、拓磨。さっき私(主人公)と

エンディング迎えたんじゃ

なかったんかーーーーい!!!!」


と、真弘先輩狙いだったのにも関わらず、嫉妬の炎メラメラでした。
なぜ美少女を起用したのか疑問。せめて六歳児とかその辺にしとけばよかったのに(願望)

……ハッ、ここ、ゲームの感想サイトじゃないのに!!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitokoe.blog56.fc2.com/tb.php/43-0a238545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック