FC2ブログ
ボーイズラブに関してダラダラと語るブログ。 ナリキリや日常については細々と。
箱の中 箱の中
木原 音瀬 (2006/03/23)
蒼竜社

この商品の詳細を見る


山藍紫姫子先生の『色闇』の感想書く前に、これについて語らせてください。
胸が締め付けられるような感動を味わいたい方に勧めます。



↓ネタバレ注意






あらすじ
 堂野崇文は痴漢と間違われて逮捕されるが、冤罪を訴え最高裁まで争ったため、実刑判決を受けてしまう。入れられた雑居房は、喜多川圭や芝、柿崎、三橋といった殺人や詐欺を犯した癖のある男たちと一緒で、堂野にはとうてい馴染めなかった。そんな中、「自分も冤罪だ」という三橋に堂野は心を開くようになるが……。



<個人的見解>

 雑居房で色々な経験をしていくうちに、堂野は喜多川に懐かれるようになる。喜多川の感情は熱を増していくが、堂野は先に出所してしまう。

 簡単に書いちゃうとこんなかんじ。あらすじじゃあ誰とどうなるか分かんなかった(笑)
 喜多川(攻)がめっちゃくちゃ可愛いです。子供みたいなところが、母性本能(笑)くすぐります。まともな教育を受けてなかったせいか、一時は言葉を忘れているときもあったようで、物知りではありません。しかも心についてもよく理解していない模様。主人公の堂野にラブアタックを送り続けるのが素敵でした。

 主人公の堂野は……、これはもう悲運な男で。痴漢に間違われるわ、刑務所で騙されるわ……真面目な男ほどこういう目に合うのか、と思ってしまいました。喜多川に懐かれイヤではないが、恋愛感情ではないかな? って感じの気持ちの揺らぎ。相手の出所日にグズグズしてしまう優柔不断さ。『箱の中』ではイライラしました。少しだけね。

 表題作以外に『脆弱な詐欺師』という作品も収録されていました。
 出所した喜多川が探偵に堂野を探してもらうストーリーです。視点は探偵になります。この時点で喜多川が出所してから六年経ってます。
 想いすぎだから、喜多川。
 
 喜多川を騙して費用だけちょろまかそうとしていた探偵が、芝(喜多川の刑務所仲間)に脅され真剣に堂野を探すって感じです。
 このラスト、ちょっと切ないですが、結果的に堂野の住んでいる場所は見つかります。その後の探偵が、切ないんですよ……。人生って上手くいかない。


 では次は『檻の外』の感想へ!!
 堂野と喜多川の再会ストーリーです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hitokoe.blog56.fc2.com/tb.php/28-9816dbcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック