FC2ブログ
ボーイズラブに関してダラダラと語るブログ。 ナリキリや日常については細々と。
腐女子腐男子のみなさん。
「全寮制男子校」
をどう思われますか?(BL本のジャンルとして)

それこそ

振り返ればみんなホモ

みたいな、夢のような薔薇ワールドが展開されているのですが…

私は反対
色変えちゃうくらい反対。
男子校だからってみんながみんな同性愛者って。なにがなんでもリアリティなさすぎだと思ってしまう。まぁ、BL自体がファンタジーではあるんだけど、少しくらい現実味が欲しいと思ってしまうのですよ。同性愛者じゃないキャラクターもいるにはいるのですがね。
最近のBLって、男同士の恋愛についての葛藤がなさすぎやしませんか? もちろん深く掘り下げている作品は別として。
キャラクターを作るのにも「なぜ男に惚れるのか」について考えている作品が減ってきたように思います。

「好きなものは好きだからしょうがない」

はい、ごもっとも。
でもそれだけでは納得できない理屈屋がいるのですよ(ここに1人)
とくにノンケが惚れる場合。
葛藤プリーズ。濡れ場ナシでもいいんで、気持ちのモダモダした感じを下さい。そんな気持ちを持て余しています。

「全寮制男子校」について、みなさんが考えていることをコメントしてくださればとても嬉しいです。
スポンサーサイト



水に眠る恋 水に眠る恋
可南 さらさ (2005/11/30)
幻冬舎コミックス

この商品の詳細を見る


ありがちなパターンですが、けっこう楽しく読めました。
再会ものです。



↓ネタバレ注意
続きを読む
蒼天の月 蒼天の月
可南 さらさ (2005/02/28)
幻冬舎コミックス

この商品の詳細を見る


蒼って漢字好きですね。どの作家さんも。
サイキックなお話です。現代ファンタジー。


↓ネタバレ注意
続きを読む
自分で自分が可哀想なくらい余裕ないっす。
もうしばらく待ってください。

今週末くらいには2本あげたい。
あらすじまで書いてる。あとはまとめと感想だけ……。
私の体のおよそ80%は
お好み焼きで出来ています。
しかも関西風。

本当にここ四日くらいお好み焼きしか食べてません。
かなり質素なお好み焼き。
なぜなら冷蔵庫にキャベツと卵しかないから。
小麦粉は二袋あったり。

米を買う金が惜しいので極貧生活をしています。
お金を貯めて、京都へ一人旅に行きたいのです。

ビバ、遙とき世界

過去に二回行ったことはあるのですが、博物館と清水寺と清明神社と東本願寺にしか行けなかった。清水寺に関しては、四回も訪れた気がする。そのとき扇子買ったけど、実家という名のブラックホールへと消えていきました。今いずこ。
行ったら絶対に訪れたい場所は、神泉苑(花断ち花断ち)、随心院(友雅さんの心のかけら)、伏見稲荷(単純に千本鳥居が見たいだけ)、大豊神社(こまねずみ!! あとお守りが可愛い)、太秦(これは遙か関係ナシ。『活動写真の女』に感化されて)、くらいかな。
貴船神社とかも行きたいけど、鞍馬の奥やし、遠いんだろうなーと思うと気が引ける。でも、リズヴァーン先生を仲間に入れなきゃ……!!(笑)
私、BL好きだけど、18禁ではないNLゲーム(遙かとかときメモとか)も好きです。
なんていうか、総受けじゃないっすか(笑)
イノセントブラッド イノセントブラッド
華藤 えれな (2003/08)
幻冬舎コミックス

この商品の詳細を見る


画像が出ないのが残念ですが、表紙見たとき、一瞬だけ雪舟先生のイラストかと思いました。
オスマン・トルコとか出てくる時代のヴァンパイアものです。
好みがはっきりでてしまう作品かと。


↓ネタバレ注意
続きを読む
そこはかとなく放置ムード
でも頑張ります。たとえ11月末まで締め切りが連続で来ようとも頑張ります。
しかし、めでたいことが。

 脱稿!!!!

わーい。わーい。
一つの山場を乗り越えました。
めちゃくちゃ後悔は残っていますが、前に進みます。

実は、本の感想を書いていたりするんですよね。公開していないだけで。なので、近々アップする予定です。
昨日の日記があまりにも恥さらしだったので、削除しました。

いけない癖なんです。
読んでもいないのに、わからない発言するの。

あれですよね。
テストで悪い点数をとってしまった言い訳が
「だって勉強してないし」
と同じですよね。
恥さらしめ。

でも、高校時代、この意味のない言い訳よく使ってました。
まるで
「勉強すれば100点なんて軽くとれるんだから」
と言っているようなもの。

だったら、

勉 強 し ろ

ハイ。
そのとおり。

出直してきます。

というより、今、吐血しそうなほど締め切りの迫った原稿を抱えているのにも関わらず、ブログに現実逃避。
ドッペルさん希望。
恋について 恋について
木原 音瀬 (2006/07/20)
蒼竜社

この商品の詳細を見る


ほのぼの(?)です。
あーーーキュンキュンしました、この作品には。
木原先生のファンになってしまいそうです。



↓ネタバレ注意
続きを読む